トリキュラーと妊娠中の女性

トリキュラーなどの低用量ピルは正しく使用することで、ほぼ確実に避妊に成功します。また、服用中に妊娠を希望するようなことになっても服用を止めることですぐに妊娠準備に入ることが出来ます。また、月経周期も安定しやすくなるなど副効用もあります。

子供を望まないならトリキュラーで避妊と血液検査

今は仕事に専念したいなど、子供を望まないのであればピルで避妊する事をおすすめします。
日本で避妊といえば、まだまだコンドームという考え方がありますが、コンドームでは確実に避妊する事が出来ません。
あるデータによるとコンドームの避妊率は、約8割程度となっています。
8割という数字は女性として、不安に感じるのではないでしょうか。
一方、ピルは正しく服用すれば100%、避妊の効果を発揮します。
女性ホルモンのバランスを変え、排卵をストップするからです。
卵子が無ければ性交渉を行っても、妊娠する事はありません。
避妊はピルで、性感染症の予防はコンドームで行う方法がおすすめです。
ただ、ピルは副作用が強いから飲みたくないという方も、多いのではないでしょうか。
ピルにも色々な種類があり、ホルモン剤の量が多い高用量ピルは、副作用が起こりやすいと言われています。
ですが、最近処方されるのはホルモン剤の量を最小限に抑えた、低用量ピルです。
低用量ピルであれば急激にホルモンバランスが変わらないので、副作用の心配もほとんどありません。
中でもトリキュラーは自然に近い形で、ホルモンバランスを変えるピルですので、特に体への負担が軽いと言われています。
日本でピルといえばトリキュラーと言える程、普及しているピルです。
しかし、副作用のリスクが全く無いとは言えません。
トリキュラーだけでなく全てのピルは、血栓症のリスクを高めます。
女性ホルモンの1つ、卵胞ホルモンが血栓を出来やすくするのです。
ピルには卵胞ホルモンと同じ働きをするホルモン剤が含まれているので、服用する事で血栓症を起こす危険性があります。
トリキュラーを服用する際は、定期的に血液検査を行い、血栓症のリスクが無いかチェックしましょう。